第3回詩歌トライスロン準入賞作 アインシュタイン、よく言えば君は星座だ  城前佑樹

06182

◆第3回 詩歌トライアスロン準入賞作

アインシュタイン、よく言えば君は星座だ   城前佑樹

宇宙から縁取りを剝げ氷にてしづめるトマト湯剥かむごとく

朝のねざめのうつくしい
今日にあなたを捨てることに
決めた
よこがほは
数A問題集の表紙に似て幾何学
世界はにがく
放射線をじやりじやり噛む
あなたは口をひらかないのに
咽頭には
乱反射するみえない矢の群れ
あなたの舌とわたしの舌と
あなたの下とわたしの下と

まさぐりあふのをやめる時だ
から炊きのお釜に里芋をころがして
(毛をたしかめあふのもこれが最後ね)

E=mc²昼寝覚

アインシュタインの尾てい骨には
誰も興味がない
地球から遊離するまったき引力
骨は脳みその事務局
ランチのあと寝落ちするOL
をささえるのはアルベルト、君の舌だ
君はよく居眠りしたさうじやないか
ゆるく組んだ両手に硬貨をしのばせて
イマジネーションからも飛ぶ
鳥を射つたさうじやないか
そこからは明瞭な目玉焼きの歴史
かぱあ、と割って、じゅう、と鳴く
フライパンの事象
アインシュタインの硬貨は
なりえた自傷
あなたのなかのわたしが
なしえた自傷
(革命は緩慢とした面取りだ)
それはただのひと押しによつて
やぶられる家畜の快楽の戸だ

E=mc²ひるねざめ

午後一時二十分のガソリンスタンドにも
煌々と星のひかりは降り注いでゐた
理由などとくになしに
笑ひはじめる
太陽も
星の一派であることに
気づかずに
子どもはガソリンスタンドの横の公園で
笑ひはじめる
瞬間では
相対性理論などなんの価値もない
アインシュタイン、よく言えば君は星座だ
昼の世界では
いや夜の世界だつて
真空の世界に名を刻んでゐるだけだ
天にまします
われらが神

子どもは
壊れることを嗜好する
くだらなさのなかに
飼い羊ほどの想像力をもつて
(みづうみは涸れアインシュタイン、よく言えば君は星座だ まなこへの既知)

いーいこーるえむしーじじょうひるねざめ

あなたのうつつ
等号がなりたたないやうに
かりだされた菜っきり庖丁の
切れない部分で
牛肉のブロックをたたく
焦燥しきることを
星はえらばなかつた
だんだん宇宙はせまくなる
過程のあなたは
わたしに全く似てゐない
焦燥から縁遠く
アインシュタイン化してゐる
わたしは文字化けのバグを
泣きながらのハグを
避けなければならない
なぜなら
世界は等号では成り立つていないからだ

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress