「詩客」について

現在の日本には、短歌、俳句、自由詩という三つの詩型があり、共存しているといって良いでしょう。三つの詩型はお互いに影響しあっていますが、住み分けがされているのが現状です。そのことが日本の詩にとって幸せなのかは、はなはだ疑問です。

「詩歌梁山泊~三詩型交流企画」は活動の一環として、サイト「詩客 SHIKAKU」を立ち上げました。三詩型の作品や評論を掲載し、それぞれの詩型の特徴や相違点を考え、時には融合するなどし、これからの表現の可能性を探ります。それは戦後の詩歌の時間を問いなおす試みでもあります。

 
詩歌梁山泊代表 森川雅美

第6回詩歌トライアスロン 決定

「第6回 詩歌トライアスロン」は以下に決定いたしました。

選考経過、各選考委員選評は下記をクリックしご確認ください。

なお、授賞式及びシンポジウムは状況を判断しながら、7月下旬から9月上旬を予定しております。

詳細は後日、告知いたします。

よろしくお願い申し上げます。

受賞作  「よい歯並び」 井口 可奈

     「猫を測る」 沼谷 香澄

次点    自由詩「名の灰」・短歌・俳句 斎藤 秀雄

 

候補作  「僕は煙を吐かない」 法橋 ひらく

     「ここが岬」 ユノ こず枝

     「感電する春」 星野 珠青

選外佳作 「噴水」 西生 ゆかり

     「腕たち」 草野 理恵子

     「棘」 中之島 潤

     「花一人 明石海人のために」 竹村 布文

     「tempera」 未補

     「矢印」 くろだたけし

     「たましいの果てのたなびき」 柳坪 幸佳

     「私はヤマアラシだからきみを抱きしめることはできないのですか/おなかのところだけならきみに触れてもいいのですか/心臓だけならきみに触れてもいいのですか」 成瀨 遠足

  • 選考経過
  • 選評 佐藤弓生
  • 選評 堀田季何
  • 選評 野村喜和夫
  • 過去の受賞者
    第1回 中家菜津子
    第2回 横山黒鍵
    第3回 亜久津歩
    第4回 戸田響子
    第5回 山川創

    日めくり詩歌

    左の記事の検索「日めくり詩歌」からご覧ください。


    11月21日号

    作品

    詩歌トライアスロン(三詩型融合作品)

    短歌

    作品は2013年12月27日号までです。
    過去の作品は左記の「作品集」をご覧ください。

    俳句

    過去の作品は左記の「作品集」をご覧ください。

    俳句2

  • 令和二年秋興帖第三 松下 カロ・仙田 洋子・神谷 波・ふけとしこ
  • 自由詩

    過去の作品は左記の「作品集」をご覧ください。

    連詩プロジェクト:詩仙

    リレー時評

    自由詩時評

    

    © 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

    This blog is powered by Wordpress