「詩客」について

現在の日本には、短歌、俳句、自由詩という三つの詩型があり、共存しているといって良いでしょう。三つの詩型はお互いに影響しあっていますが、住み分けがされているのが現状です。そのことが日本の詩にとって幸せなのかは、はなはだ疑問です。

「詩歌梁山泊~三詩型交流企画」は活動の一環として、サイト「詩客 SHIKAKU」を立ち上げました。三詩型の作品や評論を掲載し、それぞれの詩型の特徴や相違点を考え、時には融合するなどし、これからの表現の可能性を探ります。それは戦後の詩歌の時間を問いなおす試みでもあります。

 
詩歌梁山泊代表 森川雅美

第7回詩歌トライアスロン締切り延期

 今回、応募作品が少ないため締切りを延長します。

 締切 10月10日(日)

ぜひご応募いただければ嬉しく思います。

 現在、複数の詩型の表現を試みる書き手も少なくありませんが、多くは1つの詩型に限っての表現をしています。しかし、これからの詩歌の可能性を考えるには、複数の詩型を考えることもひとつの道でしょう。

 「三詩型交流」を目的とする「詩歌梁山泊」では、1人による3つのすべての詩型の作品(三詩型ないものは無効です)、あるいは三詩型の二つ以上の要素を含んだ作品を公募いたします。

 今回は2部門で行います。

第一部門 詩歌融合作品

短歌・俳句・自由詩の三詩型の内、二詩型か三詩型の要素含んだ作品が応募対象になります。

第二部門 詩歌トライアスロン

短歌10首・俳句10句・自由詩1篇の独立した三詩型が応募対象となります。三詩型すべてが揃っていないと、一詩型でも欠けていると対象になりません

 基本各1作品を選びますが、各部門該当作がない場合、または複数選ぶ場合もあります。
各部門複数の応募は可能です。

締切
2021年10月10日(日)必着

送り先
masami-m@muf.biglobe.ne.jp (詩歌梁山泊)

選者
佐藤弓生、堀田季何、野村喜和夫

主催
詩歌梁山泊

選考
11月に公開選考会を予定しています。


9月25日号

作品

詩歌トライアスロン(三詩型融合作品)

短歌

作品は2013年12月27日号までです。
過去の作品は左記の「作品集」をご覧ください。

俳句

過去の作品は左記の「作品集」をご覧ください。

俳句2

  • 令和三年夏興帖第二 渕上 信子・木村 オサム・中村 猛虎・花尻 万博
  • 自由詩

    過去の作品は左記の「作品集」をご覧ください。

    連詩プロジェクト:詩仙

    リレー時評

    自由詩時評

    

    © 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

    This blog is powered by Wordpress