なりきれず   川島ひろの

  • 投稿日:2018年10月13日
  • カテゴリー:俳句

20181013_haiku_2

なりきれず   川島ひろの

ポストごと郵便局の濡れて秋
早起きの自分のために林檎剥く
エプロンの紐を余らせ肌寒し
萩刈りてひとりになりて刈り尽くす
片耳を風に召さるる秋の園
荻途切れるは断崖か湖か
泣いたあと瞼色づく花芙蓉
霧深し夢に大事なものを刺す
白露のいちばん白になりきれず
秋雨が窓に古びてゆきにけり

川島ひろの(かわしま・ひろの)
1997年生まれ。狩、群青に所属。慶大俳句会に参加。 高校1年生の冬に句作を始める。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Comments are closed.



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress