水のこゑ   堀本裕樹

  • 投稿日:2012年12月21日
  • カテゴリー:俳句

水のこゑ   堀本裕樹

花菜めく石蕗の花かな那智の凪

夢に見る仏かすかや置炬燵

風折れの冬木にひとり血潮見つ

凍蝶の骨透けてゐる山河かな

放心や寒鯉釣も寒鯉も

言霊の駈くる音する枯木立

夕焚火火の奥に顕つ波がしら

しぐれつつ釈迢空の足音かな

冬波に裏返さるる夕ごころ

三熊野の水のこゑ美し冬の空

作者紹介

  • 堀本裕樹(ほりもと・ゆうき)

昭和四十九年、和歌山県生まれ。

「梓」同人。第二回北斗賞受賞。

著書に『十七音の海』、句集『熊野曼陀羅』。

タグ: ,

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress