太陽の匂い   月野ぽぽな « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

太陽の匂い   月野ぽぽな

  • 投稿日:2016年11月05日
  • カテゴリー:俳句

1105

太陽の匂い   月野ぽぽな

ブエノスアイレス十月十句
ともされて春の灯ゆれる銀の国     
ジプシーの母の乳房や春満月
音楽のための指先春の星
春宵やバンドネオンの貝細工
頬と頬つけるあいさつ春の蘭
片言の異国語に風光りけり
南米のさえずり太陽の匂い
春光の盲いの男歌い出す
春陰のテーブル肉の色華やか
夜の離陸窓にアルゼンチン朧

■月野ぽぽな つきの・ぽぽな
1965年長野県生まれ。ニューヨーク市在住。「海程」同人。現代俳句協会会員。
2008年海程新人賞、2010年現代俳句新人賞、2014年海程賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:月野ぽぽな

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress