喃語   日比谷虚俊

  • 投稿日:2019年04月13日
  • カテゴリー:俳句

413B

喃語   日比谷虚俊

どこへ行くらむ初電車のまにまに
駄弁機知喃語爆笑春動く
喉いつも渇いてゐたる朝寝かな
啓蟄や下着のままでポストまで
日暈より潮の香のせり春時雨
日矢燦々飛行機のくる春の海
春の浜祝詞か発声練習か
他人ん家を突っきる 白木蓮わらふ
助手席をかたづけ春の暑さ哉
三枚の紙皿かさね春ゆやけ

日比谷虚俊(ひびや きょしゅん)
2000年生。「いぶき」所属。
日本大学芸術学部文芸学科一年。
2017年7月放送のNHK「俳句王国がゆく」に出演。坊城俊樹先生より俳号を賜る。
Twitter→ @3hakidame5

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress