開運橋   松本てふこ

  • 投稿日:2019年08月10日
  • カテゴリー:俳句

開運橋

開運橋   松本てふこ

盛岡駅降りて柳絮のよく飛んで
冷麺にとぷんと沈む西瓜かな
夏風邪のこゑぐわしやぐわしやの人が来る
アロハシャツぢつとお冷やを見ることも
旅ゆけば明るき色のソーダ水
柳絮飛ぶよ市みるみる人増えて
苦すぎずイーハトーヴの麦酒かな
夏山のいつたいどれが岩木山
柳絮飛ぶ開運橋へ振り向けば
短夜のじやじや麺に皿汚れけり

松本てふこ(まつもと・てふこ)
昭和56年生まれ。「童子」同人。第五回芝不器男俳句新人賞中村和弘奨励賞受賞。第一句集準備中。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress