ヨコスカ   寺澤 始

  • 投稿日:2019年11月09日
  • カテゴリー:俳句

ヨコスカ

ヨコスカ   寺澤 始

正論の通らぬ世紀独楽を打つ
軍港は菜種梅雨なりハイボール
面談を終へ初蟬の坂下る
乳吸ひて眠りて終戦記念の日
軍港の海黒々と二百十日
顔を見て出席を取る震災忌
作文の書けぬ子残れ小六月
吾子二人胸に背中に一茶の忌
聖書読む吾子と毛布にくるまりて
志願理由書書き了へし子と蜜柑剥く

寺澤 始(てらさわ はじめ)
大学時代、中世近世文学研究会にて句作に触れる。1998年「火神」入会。2001年「未来図」入会。
2016年 未来図新人賞受賞。2017年 未来図同人、俳人協会会員。
私立中学高等学校教諭。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress