大道大乗歩行―芸能芸術起信考―【十】                        明滅船   男波弘志

大道大乗歩行―芸能芸術起信考―【十】 

明滅船 男波弘志

ランボーや野のやうなうを抱いて立つ

父とゐて二月の鳥の水びたし

一つ立つ腋の鱗やよなぐもり

野を焼くや絶句絶筆林立す

木の股をすぐ下りたがる恋の猫

泥鮒の鱗一枚づつ交む

蛇交む詩の行間の水びたし

蟇交む同じところに日と月と

木の瘤につまる赤肉しやくにく 蟹交む

走り根の行間を蟹埋め尽す

放課後のどれも流木めく机

幹に刻む神童のうた 幹が塞ぐ

垂直に立つ鳥誰の絶筆ぞ

執筆者紹介

  • 男波弘志(おなみ・ひろし)

昭和41年(1966) 真冬 出生
北澤瑞史 創刊 俳誌「季」 元会員
岡井省二 創刊 俳誌「槐」 元同人
永田耕衣 創刊 俳誌「琴座」マンの会 元会員
現在 俳誌「里」 同人
既刊句集 『阿字』(田工房)
合同句集 『超新撰21』(邑書林)に入集

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress