口減らし   長谷川耿人 « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

口減らし   長谷川耿人

口減らし   長谷川耿人

瀧つらら木霊は渓の奥底へ

すぐ空になる徳利や雪起し

ねんねこや祖母の記憶の前かがみ

身支度に暖房いまだ追ひつかず

足跡を消しゆくぼたん雪となり

をみな立つ村長選挙遠雪崩

ふらここの間合ひ告白には遠し

カンダタの糸が降りさう杭の蜷

目は瀬戸へ指先は干鰈へと

口減らし記す村史や忘れ雪

作者紹介

  • 長谷川 耿人(はせがわ こうじん)

本名:長谷川修一

昭和38年11月14日 神奈川県川崎市生まれ
平成14年 「春月」入会
平成23年 句集『波止の鯨』
俳人協会会員

タグ:

      
                  

「作品 2012年2月24日号」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress