かやねずみ   丑丸敬史 « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

かやねずみ   丑丸敬史

  • 投稿日:2016年11月05日
  • カテゴリー:俳句

11052

かやねずみ   丑丸敬史

月山に日を集めゆくかやねずみ
天文の孤独を床に招き入れ
夕虹をふと吐き戾す土龍穴
破蓮を呼び戾してはまた枯るる
月を入れ日を入れ野菊枯れすすむ
冬鰈より大枯野始まりぬ
凍蝶の舌ほぐれずに夕暮れる
吐血して大地に咲かす冬菫
野燒して萬古にそよぐ芒原
獨活立てり神の廣野のさびしきに

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress