浜焚火 今井聖

  • 投稿日:2013年01月18日
  • カテゴリー:俳句


浜焚火 今井聖

サムゲタンの中の両肢冬銀河

仏語一団冬晴の築地下車

冬麗の象が支ふる地球かな

冬晴の六時限目の黒魔術

伯耆路や風力三の冬すみれ

牡蠣殻を裸足で踏んで聖者来る

浜焚火市議の離婚の噂など

浜焚火一人は執行猶予中

解体の前の放水冬の雲

冬の夜のチークタイムのつのだ☆ひろ

作者紹介

  • 今井聖(いまい せい)

1950年生まれ。二十歳から加藤楸邨に師事。現在「街」主宰。句集三冊。著書に『ライク・ア・ローリングストーン 俳句少年放浪記』『部活で俳句』等。

タグ: , , ,

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress