Cadence    九堂夜想

  • 投稿日:2017年04月15日
  • カテゴリー:俳句

04151

Cadence    九堂夜想

フリュートや亡し風眼の騎手にして

唄いつつ王母らはひく半過去を

瞑婚の雨はオルガン地方より

半眼の聖一物の一霏々と

喪神をかの幻日の樹の韻き

虹や落つ紫都は何何してあそぶ

見開きし睡魔かミルククラウンか

麦星や耳の民らは水の上

海に浮く蝶千頭のカデンツァ

万劫は硝子建築とぞ沈む

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress