くすくすふれる   田島健一

  • 投稿日:2017年06月10日
  • カテゴリー:俳句

田島さん俳句

くすくすふれる   田島健一

さし迫る蜥蜴くすくすふれる草

地下室にダビデならべてある薄暑

噴火あおぞら冷房で冷えすぎた部屋

冷蔵庫の白さ母子とミケランジェロ

人・花・死者・溶岩・潜在性・泉

木の味の玉ねぎ森のいろの妻

青田に意味と光そして彼の存在

不出来な星よ山椒魚のひとりごと

奥ゆきが聴こえはじめる冷奴

浴衣から見える胸ちいさな空港

田島健一(たじま・けんいち)
1973年東京生まれ。「炎環」同人、「豆の木」「オルガン」参加。
句集『ただならぬぽ』

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress