夜汽車   池谷秀子

  • 投稿日:2017年10月14日
  • カテゴリー:俳句

10143

夜汽車   池谷秀子

涅槃会の驚きやすき魚群かな
梅真白谺を返しさうな空          
石垣の石のざらざら鳥帰る       
スカートの襞より蛍零れけり
音楽の沁み込んでゐる髪洗ふ
日傘差し夢二のをんなにもなれる
汗かいて魂はすもものにほひ
もう一度母の華やぐ盆提灯   
夜汽車ならきしきし軋む稲光
秋澄むや空に絵を描くチョーク欲し

池谷秀子(いけや ひでこ)
長崎生まれ
平成十二年 俳句を始める
平成二十五年 第二十八回俳壇賞受賞
「青垣」所属

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress