再会   宇田川寛之

  • 投稿日:2018年02月10日
  • カテゴリー:俳句

2103

再会   宇田川寛之

セーターの少年が解く時間の矢
着膨れて坂東太郎に挨拶す
去年今年陰翳乏しくなつてをり
凩のところどころに忘れ物
遠火事をきつかけとせし別れかな
エキストラ志望の集ふ寒夕焼
熱燗や戦後の生まればかりゐて
湯冷めして忘れちまつた言ひ訳は
待ち合はせ場所に判子屋ありにけり
乾杯のあとのゆらめき春隣

宇田川寛之(うだがわ・ひろゆき)
俳人。1970年生まれ。98年「吟遊」創刊に参加、2013年退会、現在無所属。
共著『燿―「俳句空間」新鋭作家集Ⅱ』(1993、弘栄堂書店)。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress