悪童   永条風興

  • 投稿日:2018年02月10日
  • カテゴリー:俳句

2104

悪童   永条風興

鷹渡るかつての貝殻追放へ
老画家も時計も宙を見ておりぬ
白鳥はかえらず父の薄化粧
静電気のようにドーベルマン愛せり
悪童のながき睫毛の絶海や
微笑みの聖家族より鬱の香が
愛咬の地中海こそ渇くべし
寒明けの覚め際をふと鳥の首
天も地も波打つものを海猫ごめ鳴いて
目瞑りぬかの惑星のうすごおり

永条風興(とおえ・かざおき)
歌人。無所属。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress