目蓋   髙勢祥子 « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

目蓋   髙勢祥子

  • 投稿日:2018年03月10日
  • カテゴリー:俳句

3101

目蓋   髙勢祥子

乱れつつ鷗の雪と仮すところ
羽よりも耳薄くある時雨かな
冬鳥や目蓋に透ける日を愛し
腕力で好きになる人冬桜
まだ雨を知らぬ燕の子が並ぶ
藤棚の両端枯れの兆しゐる
横浜の夜の色なり烏貝
こめかみを押す春陰の図書館に
我と書くわたくし淋し春の夜
朧月働く髪の伸びてゆく

髙勢祥子
1976年神奈川県生。街同人。句集に「頬づえ」「昨日触れたる」

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress