濠州珍獣探索譚   佐藤文香

  • 投稿日:2018年06月09日
  • カテゴリー:俳句

06090

濠州珍獣探索譚新婚旅行日記   佐藤文香

  午前8時、タラマリン空港着、午後「まるごとヤラバレー」ツアー。ヒールズビル・サンクチュ
  アリで初めてかものはしに逢うが、暗くてよく見えず。

秋風といふを五月の梢より

  二日目、「メルボルンお散歩観光」ツアー。ロイヤル・エキシビジョン・ビルにて

ツアーガイドに朱をカンナとて教へける

  クラウンプラザメルボルンでは、新婚カップルにスパークリングワインのサービス。

ヤラ川に映るカジノや秋の暮レ

  三日目午前9時半、シドニーキングスフォードスミス空港着。水族館にかものはしがいると聞い
  ていたのでシー・ライフ・シドニーに入るが、おらず。出口で「ウェアイズプラティパス」と聞
  くと、隣のワイルド・ライフ・シドニーにいるという。しかも最後のコーナー。

相見えすは素早さのかものはし

  渡邊白泉に「雉子ゐたり一羽にあらず二羽ゐたり」あり、さらに堀下翔に「熊ん蜂二匹や花を同
  じうす」あれば

かものはし二匹や嘴を振り交はす

  夫が『PLATO and a PLATYPUS WALK into a BAR…』なる書物を買ってくれる。

I❤(あいらぶ)や土産屋毎のかものはし

  午後7時半、「シドニーオープントップバス」に乗車。

人生やオペラハウスの灯を浴びて

  四日目、まずはロックス地区を散歩。その後、オーストラリア博物館にてかものはしの剝製を見
  て、ホテルに帰る。

コスモスはキャプテン・クック像の前を

  空港へのバスまで時間がありビールを飲む。思えばこの旅行、私は1円も払っていない。

夫よ私にかものはしを見せて呉れてありがたう

  帰りのカンタス航空、日本語のアナウンスもあり親切。

機内少し眠り二十年後もまたと思ふ

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress