イオンとコンビニ   木田智美

  • 投稿日:2018年07月14日
  • カテゴリー:俳句

714b

イオンとコンビニ   木田智美

箸入れのパアンと落ちて今朝の地震
梅雨空にヘリコプターや出勤す
剥がれずに付箋一見変わらぬ町
ランタナの増えてイオンの暗き昼
六月の余震みあげて声が出る
風鈴やコンビニの水売り切れて
ゆれて夜DJが言う大丈夫
夏布団あたまのそばのラジオと犬
イエローピコゆれて明日は普通がいい
ブルーシートは空より眩し額の花

木田智美(きだ・ともみ)
1993年生まれ。
俳句雑誌「奎」同人。挿絵を担当している。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress