つるや   西村麒麟

  • 投稿日:2018年09月08日
  • カテゴリー:俳句

0908t

つるや   西村麒麟

古浴衣つるやつるやと書いてあり
一つあるパイナップルを見るばかり
遺影より淡き視線や黴の宿
籐椅子にたびたび来たる霊二人
洗ひ髪行つたり来たりする猫よ
目と耳と小さきジュゴンや夏の月
柄の硬き鯨まつりの団扇かな
ハンモックお酒を抜いてゐるところ
ほぼ見えぬ君よ線香花火持ち
迷子の子迷子のままに踊りけり

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress