白濁   吉田林檎

  • 投稿日:2019年05月11日
  • カテゴリー:俳句

白濁

白濁   吉田林檎

芽柳の眩しい方へ吹かれをり
チューリップ聖母子よりも紅深く
人類の進化の寂しフリージア
閃光に弾き返され花筏
藤棚に佇つ靡かざる者として
ホイッスル新樹も柵も通りぬけ
口元に膝近寄せて草を引く
紫陽花やポニーテールのサキソフォン
どくだみの花清廉に表裏なし
木漏れ日の白濁したる夏の川

吉田林檎(よしだ りんご)
昭和46年 東京都生まれ
平成20年 パラソル句会に参加
平成22年 「知音」入会
平成25年 「知音」同人
平成27年 第三回星野立子新人賞受賞
平成28年 第五回青炎賞(知音新人賞)受賞
俳人協会会員

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress