音   遠音

  • 投稿日:2020年03月15日
  • カテゴリー:俳句

音

音   遠音

補聴器を付けてたちまち虫すだく
菜箸にぷはりまつはる菠薐草
側溝のごぼりと噎せて春の潮
ブンと風切り取る午後の捕虫網
三回で大なわとびの音になる
ひゆりひゆると落葉十七歳の鬚
戸を鎖して広がれる夜や雪女
枯枝を振る第九今 Seid umschlungen, Millionen!
冬眠の寝息試験の筆記音
銃声の如き柏手初朔日

遠音
長野県在住。生来の両耳難聴あり、補聴器着用。「いつき組」組員。
2015年春より作句開始。第21回NHK全国俳句大会大賞。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress