燃やすかな   さ青

  • 投稿日:2020年10月10日
  • カテゴリー:俳句

7B494DC7-5040-45C7-938D-6A4A00C2EF64

燃やすかな   さ青

春の川ひねもす縄のさかのぼる
零れつつ躑躅へ岸を這ひあがる
借りものの鳥ゐて指に花の冷え
明るさと死は航路なき麦畑
眼の痩せるまへに葉梅の影を去る
鷺といふ幻肢を水に燃やすかな
不在を言へば傷の卓子に夜の蟻
地下街の詩人禾なき秋を売る
【芙蓉に呱々】ふすまのごとく裂けて川
墨色の鯉のしづんでゆく枯野

さ青
愛知県出身。無所属。第2回G氏賞。
2020年8月より現在の俳号に変更しました。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress