暗黙知   近藤栄子

  • 投稿日:2021年09月04日
  • カテゴリー:俳句

94k

暗黙知   近藤栄子

最終電車床に入歯や謝肉祭
人集ふ花の陽気を吸ひとらむと
人散らず花に陰気を吸ひとられ
花浴ぶるとは海原へ放たるる
紅薔薇を見ても嗅いでも吾が手中
梅雨に入る誰かお漏らししてるのか
学ぶとは俯瞰すること燕の子
夜濯したワンピース私の中に風通る
投げあつて麦わら帽子マルクスの死
枠にドアをさまる秋や軋みつつ

近藤栄子(こんどう・えいこ)
「楽園」会員。現代俳句協会会員。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress