井戸   魚村晋太郎 « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

井戸   魚村晋太郎

井戸   魚村晋太郎

ゆめは目にみるものならず糠雨にぬれをり大き象の頭部が

抱かれて眠る子供の黒髪に母の栗色の髪はふれをり

ひだまりを汲む井戸がある匿つてくれたあなたのちひさな庭に

くりかへす愛撫のやうに少年が壁にボールを投げつける音

ひかり奪ひあつたかたちにふゆの木は裸身をさらす。さうしてひとも

石鑿はつめたい水のひびきして社の階はつくろはれをり

しめやかにそして執拗に降る雨のなかあらはれる桃色の傘

書き直すたび/似てないといふうわさ/蔓薔薇のはなびらがくろずむ

ローソンの扉に鍵の穴ふたつあり御火燒のおきなの眼

鏡文字ならぶ窓辺にたたずめば広場の欅芽吹きつつあり

  • 魚村晋太郎(うおむら・しんたろう)

2003年『銀耳』砂子屋書房 第30回現代歌人集会賞
2007年『花柄』砂子屋書房
現在「玲瓏」編集委員

タグ:

      
                  

「作品2012年3月23日号」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress