解錠   遠音

6530CDCE-A268-4548-9D5D-D2946C54493E

解錠   遠音

まず匂ふいのちの腐臭春出水
彼が莢からこぼれるようにその角から現れて一秒半、
僕の凝視が彼のぱりりと完璧なワイシャツの、
ほどけた第二ボタンの狭隘、かすかにのぞける
肌のすべらかな匂いをざりり、と抉り始めたとき
「いいよ」
静かな巨大なテノールが降ってきた、連動した指が
ずいとジャケツのくるみボタンを捩じり、ばさりと
緞帳の引き切った瞬間のゆらぎ、
びりりと左右の指の四つがそれぞれ、
ワイシャツの奥の鳩尾の暗渠にめり込み、ガギィン、と観音
開きに
内からボコンブクンと沸き上がりつつある腑をぶち撒ける、
風花を吸ひつくす空いよよ濃し
かはぁ、と僕の喉から嗚咽にならぬものが垂れる
紙魚の痕跡の縁けざやかな石灰岩の重層世界が、
アコーディオンを開き切ってなお収まらぬ展開の
うろ
彼の虚の凹凸を、乾いた西の風に削られ磨かれ、
白い鴉の羽のかたちに仕上がりつつある廃墟を、
機関銃の吹いた跡の千年を未だすり抜ける風を、
たった今蠢く虹色の泥土の腐臭、循環の豊穣を、
しろかねに照るひとすぢの陽に失せしより恋ひそめつなめく
じてふもの
清潔なワイシャツと重厚なジャケツに覆われている汚泥、
気を緩めればたちまち破裂し、とめどない放出が世界を侵し
てしまう、
そんな匂いをありありと、鳩尾の奥に捩じ切るように施錠し

彼は生きてきたのだった 微笑んでいる
僕は
ジュウ、と鳩尾が焦げる 焼印は押されてしまった
僕の世界は
彼のまなざしをねつく探る
やはらかく眇められにしまなじりがうながしてゐる決意目を
閉づ

タグ:

      
                  

「三詩型融合作品」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress