天蛾   藤川夕海 « 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト

天蛾   藤川夕海

  • 投稿日:2018年08月11日
  • カテゴリー:俳句

811a

天蛾   藤川夕海

夏の月首寄せて行く麒麟たち
白繭やひとりにひらく山柱
ふところに荒き黒櫛関帝祭
そぎ残すひとつ蓮や雨けぶる
夏帽子引つ張らる誰もをらぬ背に
天蛾のはたと留まれり夕暮るる
月食に触れ島よりのプロペラ機
青い月仮装少女の散らばらず
天窓へ金の埃とあきあかね
冬瓜の丸く明るく待ってゐる

藤川夕海(ふじかわ・ゆうみ)
俳人。「陸 俳句会」同人。

タグ:

      

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress