庭より   岸田祐子

  • 投稿日:2019年10月12日
  • カテゴリー:俳句

庭より

庭より   岸田祐子

秋蝶のゆつくり水に降りてゆく
鳥食べた後の玉蜀黍の粒
玉砂利を踏む音木の実割れる音
細長い日陰の庭の曼珠沙華
蟷螂の緑の中にある黄色
ぼさぼさの庭の光の草の花
秋の日の庭よりフルートの音色
水の音だんだん太く竹の春
やはらかな光つくつくぼうしまた
ゆつくりと雲の流れてゐて蜻蛉

岸田祐子
ホトトギス所属。第20回伝統俳句協会新人賞。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress