出会ってしまった   ゴムバンド

  • 投稿日:2020年03月15日
  • カテゴリー:俳句

出会ってしまった

出会ってしまった   ゴムバンド

紅梅も白梅もゐる風俗店 
鞦韆に乗れば変質者と言はれ
私まで向いてくれない扇風機
平泳ぎ出たがる便を仕舞込み
熱帯夜自分が好きで産んだのに
右足で右頬踏まれ秋湿り
台風で家庭が壊れないかなあ
卒アルを開けば嘘のこぼれだす
何様と言はれ実家の年用意
神主の嫁も昔は風俗嬢

ゴムバンド
屍派。元歌舞伎町風俗店勤務。誰よりも人の醜さを知る者かもしれない。
主婦をしながらうつろを抱える日々に北大路翼の俳句と出逢いは人生の霹靂のようであったと言う。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress