人魚軍上陸戦   斎藤秀雄

  • 投稿日:2020年10月10日
  • カテゴリー:俳句

109B7E93-8FFB-4289-ACE2-83F529E7EF4F

人魚軍上陸戦   斎藤秀雄

人魚の一個師団が沖に沸き立つ青空
うつ伏せのヴァイオリン焦げ遠景の木霊
鏡の花束抱へて砂に刺さる農夫
孔雀が哄ふ薄墨の島
筆おろしの童貞ら鱗に千切れ紡ぎ歌
左手にバクーニン右手にチーズかまぼこの人魚スナイパーだ
いにしへの空中体操いきいき家族
視線が売られ尾びれが壊すマーケット
産卵人魚なめらかな産道をバスがくる
鉄の橋も肉の橋もやつれて水の誕生日

斎藤秀雄
1974年生まれ。第6回詩歌トライアスロン野村喜和夫個人賞。
論文に「形式の観察/観察の形式――批評理論のルーマン」(『誌』vol.2、2019年)。プネウマ句会主催。ネプリ「きりんねこ短歌合評会」発行人。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress