着のまま   小池康生

  • 投稿日:2020年11月14日
  • カテゴリー:俳句

ADF7C45A-3C47-47B8-8E5B-1AEF2F2D00FC

着のまま   小池康生

剥落の壁さらに剥げ照紅葉
奔放なコスモスを混ぜ摘みにけり
秋時雨ふはつとラップ掛けておく
民謡の声の伸びゆく崩れ簗
崩れ簗すぐ立ち直る村の水
秋の川あやふき形に石を積む
新蕎麦や紺の暖簾に支流の名
月光のいつぽん道を経由する
棺には着の身着のまま菊人形
茶の花の雨ぶ風に飛ばさるる

小池 康生(こいけ やすお)
一九五六年大阪市生まれ。
「銀化」同人。「奎」代表。
句集『旧の渚』(ふらんす堂)。
第二句集『奎星』(飯塚書店)が出たところ。
俳人協会、現代俳句協会所属。

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress