夜寒   田村乙女

  • 投稿日:2021年01月16日
  • カテゴリー:俳句

夜寒

夜寒   田村乙女

霜晴れやきーんと音のするやうな
ワレココニオハスと言ひぬ返り花
蒟蒻のおでんヒリヒリまだ死ねず
オールナイトニッポンあの日の夜寒
眠れずにひとり夜寒の端の端
冬が好きなれど仔猫は近寄せず
臆病な眼をした犬よ悴むな
初雪ちらり歩きゆく歩きゆく
風花となんときれいなひびきかな
ただ冬の波音聞きてゐるばかり

田村乙女
高知県在住。句会後の酒席に惹かれ作句を始める。
有季定型の中に自由を求めつつ。
「童子」同人 「水色俳句会」代表 句集「土佐幟(ふらふ)」
吉野川全国俳句大会高知県文化財団理事長賞ほか

タグ:

      
                  

「俳句」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress