しるす 岡田ユアン

しるす 岡田ユアン

言葉を必要としない
時の因果をかみしめている
 
しかし 私はせきたてる
深海の地形を測量するように
海をえがけ
 
これからとどく
生まれたばかりの
惑星の光を探すように
宙をえがけ
 
そんなときほど
ろくに見えてもいないのだ
海も 宙も
 
言葉を手放して
はじめて
言葉は旅にたつ
 
忘れたころに帰ってきて
旅先での出来ごとを
こっそり胸元で教えてくれる
 
私はそれを
書きしるしさえ
すればよかった

タグ: None

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress