風聞 國峰照子

自由詩國峰130419

風聞 國峰照子

過去はどこへ流されたのか
たましいが充満する村
古郷を呼びさまそうと
問いつづける異形のものがいる

あれから幾年も過ぎ
山には面妖なキノコが育ち
打棄てられた村を野ネズミが制圧している

雨にうたれて牛らしき影がうごき
風のなかに孔雀らしき尾羽が触れる
非人称のものがさまよう透明な夜
どこからともなく
蝦蟇の声がきこえる

祈りとも呪詛ともとれるそれは
汚染された
砂時計のくびれに挟まった
山姥の喘鳴か

いまも異物として
山姥は彼処にありつづける
と伝え聞くがさだかではない

タグ: , ,

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress