蘇生 来住野 恵子

来住野詩131004

蘇生 来住野 恵子

それは何の前触れもなくやってきた
 
きれい、やさしい、つよい、の三拍子踏み倒し
被写体ではない
のほほんぷりん
滾る幻
惑乱のエクストラ・ヴァージン・オイル
 
失神直前 世界は水底のふかみどりにゆらめくんだ
降り落ちて
秘匿の暗号飲み下し
完全に潰れれば食される
グーパンチ、おお聖なる解毒!
ゲノムの時間を光速で遡る
どんなことも起こる
何だってする
 
死に損なった泥濘
どんでん返して発酵させて
夢から覚めてはじめて夢を行く
・・・・・
     カラス麦がゆれている
     誇らかに
      おもいきり独りで
       そよ風のなかを嗅ぎわけて
 
陽だまりの石に頬を当てる

タグ: , ,

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress