前夜   亜久津歩

前夜
 
 
 

前 夜   亜久津歩

 夢から醒め ぼくらは
 犬の風だった
   尾をふるように爆ぜ
    あとは闇

        紺碧は
        人知れず狂っていた
        黒いかもめの
        白い影

 夢から醒め 舐める
 とうめいな猿轡
  生まれつき必要な喉で
   処置されずに済んでいる

        見ひらいた義眼も
        左下がりの口角からぼろどろ毀れる人格も
        赤く脈打つ汁も記憶ではない
        めざめたくなくて

           かみしめるのに、

救いようのない光が押し寄せてくる

まるで未来のような暴力がほろぼす残夜
紛れていればよいものを
幸せそうに

きみは尾をふる

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress