真夜中の巡礼   森井香衣

真夜中の巡礼

真夜中の巡礼   森井香衣

吐息が凍る冬の街を
北極星が闇に沈んでゆくのを
二十四時と零時の狭間 風が咆哮している
私は真夜中に立っている
太陽と月が和む夜明けはほど遠く
御影石の森に棲む烏が翼を持ち上げ
舗道に落ちた黄橡きつるばみの紋章

薄氷に抱かれて その一葉は
祈りの灯を静かに、静かに、映す。
四方のない時計台の長針が震えている
私は真夜中に立っている
目を閉じると駆け巡る
若葉がそよぐ あの青空
照り返す強い日差しにも生い茂る緑

水脈はとざされるのだろうか
せいたかあわだちそうが新月を覆った季節
金星が闇に浮かぶ季節で 風が咆哮している
私は真夜中に立っている
素足のまま放りだされたこどものように
凍てつく交差路で
渇いた枝をそらに伸ばす 祈りの姿で

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress