約束   来住野恵子

約束

約束   来住野恵子

ゆらぐ
火の輪を
身じろぎもせずみつめる

天空の瞳
きんいろに燃え立つ環の奥そこ
あのふかい沈黙のなかへ飛びこんでゆくのだ

サーカスのライオンの無心が
ケイローンの信に木霊する
よあけのけものみち

炎の指環リングを全身に纏い
いま遠い約束を果たそうとするおまえ
怖れるな もう何も

命を奪い命となる
逃れられない宿業つみが肉の時空を切り裂いて
ふきあげる

さかまく血の暗黒に賭けて この世とあの世を繋ぐのだ

未生の星担う生贄は
ほふられた永遠を解き放ち 火焔となって熱を送る

滅びながら光をおくる

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress