からし菜坂、のぼる   そらしといろ

からし菜坂

からし菜坂、のぼる   そらし といろ

 1
「永遠の別荘だな。」
彼は静かに笑んで
そこにはまだない
なにかを見つけて
まぶしそうだった

 2
「ダンスしにいきませんか。」
「駅で待ち合わせましょうか。」
「改札の中で待っていました。」
「改札の外で待っていたのよ。」
「もっとお互いを知るためにダンスしましょう。」

 3
「あの砂山にはルビーが埋まっている。」
そんなホラを吹きながら
拾ってきたギターを爪弾いていた
あの男のそういう時代は
ここから何世紀前までさかのぼればいい?

 4
音楽と楽器を愛する遺伝子を受け継いだ
けれどここで途絶えさせてしまう予感に
遺伝子情報を組み込んだ詩を書いている

 5
「きっとフィリピンまで飛んでいく。」
糸が切れた凧を見送る言葉から
ドライマンゴーのむせる甘さを
匂わせて会いたい人を思い出していた/横顔
 

 6
小さなじゃがいも畑であなたの記憶を耕す

 7
言葉が削られてシンプルになってゆく会話
背中の形にくぼんだ壁へ時間を蓄えていた
それなりにおだやかでうらやましい、晩年

 8
人生最後の晴れ舞台
オーケストラの演奏は風属性、涙も嗚咽も乾かして去っていった

 9
失いゆく現実へ繋がったのは、半分ほどの夢。

「そういえばあの人、どうしているのかしら。」
(「永遠の別荘の中にいます。」)

別荘の外側で、踊るように手を振っている人。
あの人は応えるように、小ぬか雨を降らせる。

 10
磨かれた石に
補正をかけて眺めても
間取りの想像は難しい

でも、なんとなく、同じ屋根の下に馬がいると思う

いつかは引っ越す
そこへ持っていく
荷物について
考えている今

からし菜を摘んだ
指先は黄色をこぼして
明るい坂道がおりてくる

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress