安心   和田まさ子

425

安心   和田まさ子

りんごがテーブルの上にあり
赤かったのが
どす黒さを
増してきて
尻の部分に
どこで打ったのか
黒いあざができて
それは
腐ってきたということだと
気がついて
どんどん身に悪い気配が迫ってくるから
手が伸びない
指が触れない
りんごが
テーブルにあり
饐えた、けれど甘い匂いが
そこから発散している
行きどころがないと思っていると
部屋が縮み
りんごと
わたしが
二人でいる
まだ生きているりんご
だから
じっとだまっていたら
あなた
腐っている

りんごがいう
それでほっとした
腐っている
腐っている
だから
安心して
わたしも
りんごになる
だれかに圧迫されたことで
尻のところから
ゆっくり腐り
いい匂いのりんごとして
崩れていき
果実として終わる

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress