次に住む人   鈴木一平

0725

次に住む人   鈴木一平

「住んでいた人のこれからを、住む人たちが
 持ち寄った、川の岩陰に住んでいた」
それでもおなじ家を出て、だれか歩いていくのをおぼえてる
橋の下に降りて
川に向かって伸ばした手が
二階の家には、もうべつの人が住んでいた
うすい足あとの、厚みでいまは
通わなくなった人の入り口を、すこしだけ開けておく
指のすきまで、四つに分けた
ほそながい水のひとつを飲んで

にぎりしめた水草を、今度こそ、一枚きりの地面にする
大家さんがぬったペンキで、開かなくなった
ゆうびん受けと
きのうもだれかを持ち上げた、階段に傷をつける足
その歌で組んだ二枚の絵、そのあいだに立つ
地面のうえに
着がえを置いてきたのに気づいて
取りにいこうとしている、足あと

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress