空席   浜田優

828

空席   浜田 優

(きみはいつからそこにいるの?)

(ああ残念だ 残念だけど
きみは来るのが遅すぎたんだ
きみのお父さんもお母さんも お兄さんも妹も
みんな出かけてしまったよ)

  *

室内に向かって
カーテンがふくらむ
窓ぎわに置かれた
一脚の椅子
昼になって
室内が温もってくるにつれ
呼吸しはじめる
空席

カーテンの背後で
急斜面がなだれ落ちる
日々の断層崖
から掘り返されたのは
蠟で型どった四つの顔と
顔はないのに目覚めている
あとひとり足りない
または余分なもうひとり

  *

(さあ行こう もうすぐお母さんが帰ってくるよ
お兄さんも妹も それからお父さんも)

(あしたもきみは遅れて来るんだろうな
ただいま も言わないで)

  *

だれもいない白昼の室内には
いまも呼吸している空席がある
世界じゅうの各家族の
留守中の居間ならどこにでも!

  *

家族愛では浮かばれない
あとひとり足りない
または余分なもうひとり

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress