地卵のある風景   井谷泰彦

0904

地卵のある風景   井谷泰彦

久しぶりに隣町の生協に行くと
地卵が籾の上に並べられ売られていた
「有機飼料で育てられた富士見鶏の有精卵!」
地卵を電球にかざして透かし見るオッサンの
レトロなポスターが壁に貼ってある
そのヒトは排卵日から二週間
いったんは終わったはずの生理が
このところ立て続けにきている

かつて列車に乗る前に買った茹でた地卵
(冷凍ミカンとともに)
プラットホームの売店で並んで待っていた父と母
地卵で喉を詰まらせながら私はときどき死んでいた
褐色の肌を車窓の風に晒したお盆休みの頃

(地卵の白身と黄身を別々に泡立てつくる子どものおやつ)
そのヒトはシフォンケーキを趣味で焼いた
褐色の皮としっとりとしたスポンジを切り分けながら
五十代でも子どもってできるんだっけ?
いまはホルモン投与とかしてるヒトが多いから、九十代でもできるはずよ
死と出産を同時に迎える未来社会
鮭の人生がヒトにもやって来る
(イイネ)
ほそい水路いっぱい夥しい卵の散乱を果たして死ぬんだよ

そのヒトは排卵日から二週間
いったんは終わったはずの生理が
ひと月も続いている

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress