冬の太陽   暁方ミセイ

0109

冬の太陽   暁方ミセイ

光は高純度
あんなにぺらぺら折れながら
酸素もない場所を通ってくるのに
わたしは温かな生命活動を
まだ続けていくのが悲しかった

現実よりも
もっと現実であるもの
わたしの感知にかすかに触れるもの
一瞬が凍りついて
その氷の塊のなかに見えるのは
しかしやっぱり
子供の頃の赤いコート、
冬枯れの木立、
思い出、
そのようなものばかりだった

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress