春風と瞼   暁方ミセイ

0402

春風と瞼   暁方ミセイ

骨の間まで染み込む春風だ
    瞼を開ければ青ライト
    血と光を放り捨てて見た
    視野はぐんぐん冷めていく
    人にとっては可視ぎりぎりの
    水色
    この遠さを水色という
    水色、水色、黄色の裏側
闇の奥までぬくむ水だ
雪柳が群がる
羽虫の一生が
閉じる閉じる

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress