pos’opossum   森本孝徳

%e6%a3%ae%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%81%be%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e7%89%88

pos’opossum   森本孝徳

(そうだ。ぼくは玄ト跣ににげた嚢の鼠だ)
頬のこけた延命袋ノ(噬臍のぜいぜい肉と・
つみとがトをまず検めたら)きみは頭陀袋をかかえて、 樒と。
ちまたに股広げたもの。むくつけきよ。へちむくれの皺で、ぼくの回拇まわり印の外方(そつ頬)へ
とから笑いをばかりする犬。翻りて。隣家の(、嚢の鼠)は、木末(こぬれ)に釘附された
私しへと唾し、
〽もうたちばなし(((((棚晒し)))))もちかれた!と
ふたつ折の
かます、 ヤブガラシのすかしに、
釘附にされた。

泣言しかいえない
踵トなしの。剥出す道ゆきのごとり!
つまさきだちの木醂。きのうきみにはまず無縁の手がこの教室机に薦をおいた。
泥土は何をしていたのか、友をよんで落ちる点火茎トトボシガラの聲がくらくこぼつて聞こえて
きた。でもこのざ席の薦(、 休み時間の薦)から、あしをはみだしていた友も案外
いくちなしな。ぼくはいま虫の息をするのをわすれ、
トタテグモがかくれた俺はこの蜘蛛を喰つたことがある。(柝綱) duckboard をすてた
トタテグモがかくれた doekboard をすてた
もうかぐれもなく
同じ窓に歌をくいしばつて。

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress