鏡像   佐峰存

1022

鏡像   佐峰存

深夜の湖底に軋み
傾く満員電車の吊り革の森
年季を重ねる幹の間に迷い込んだ
毛深い蛾が 束の間の心を運んでいる

一対の翅がなす 羽ばたきの綿は
ふくよかな腹を風船のよう
蛍光の波打つ宙にのせ
読まれることのない軌道に
呼吸を紡いでいく

速度の中を飛ぶ速度
鋼橋を潜り抜けてきた関節に
沁みわたる瞬き 傍らで
人々の目鼻も樹立する
水を通わせ 膨らんでいる
時間の苔を育みながら

疾走する生態の園
蛾の鏡像は火花をひらき
羽化の果ての柔らかさにそよぎ
やがて生物として 昏々と
眠り込むのだろう

今はまだ 遠くまで冷えた
窓ガラスの硬さにもみくちゃにされ
こぼれながら 太く滑る脚の爪
居住区の液状の光が
幾重にも加速している

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress