宝石   山口勲

1217

宝石   山口勲

登った岩から東京湾まで見わたせて
働いた場所のせまさを知ったこの山
二十分後に鳴りだす前の人の熊よけ鈴を
道を示す紐をたどって追いぬくと
峯をまた一つ越えたよう
雨を吸った落葉でつまづき
しりもちをつくとき岩のない場所を選ぶと
街ではどうでもよかった命が宝石にかわる
ここでは死ねないと決めつけて
それならどこでと交わる問いが
次の斜面まで駆けだしたとたん
十歩先のむき出しの
木の根を踏まないことを大切にする

 

季刊・びーぐる31号・佳作

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress