遠くの空に   後藤和彦

0225

遠くの空に   後藤和彦

もんちっちとライオンが
ぬいぐるみの部屋で寝ころんでいる
そんな夢がけっこうあった
大きくなるとなんにもいない
動物たちさえしりごみしてる
ぼくらのとこには友達しかいない
好きな人はいるけれど
大切な仲間ばかり
へんてこなこころとは出会うことがない
動物たちは来るけれど
別のこころと出会うことがない
うまく出会わないようになっている世の中
へんてこな心と出会いたい
けれど出会わないようにできているよのなか
似たものと暮らしてしまう磁石みたいなよのなか
もっと違ったはず
ほんとうにシロとクロがひっついちゃうような
パパとママがひっついちゃうような
そんな世界が現実だった
けれど今はそうはならない
にかよった色のグラデーションの世界
もんちっちとライオンと遊んでいた頃
ほんとうにばかみたいな組み合わせのなか
ばかみたいな声と声
ぼくら遊んでいた
けれど似通った斉唱
似通ったあいづち
どこかで聞いたような言い回しの会話 
マニュアルみたいな笑い方
束ねられたわら
仲良しの仲間たち
似た顔と似た言葉

人間とか、動物とか
派手な色使いの壁にかけられた地球の絵は

タグ:

      
                  

「自由詩」の記事

  

Leave a Reply



© 2009 詩客 SHIKAKU – 詩歌梁山泊 ~ 三詩型交流企画 公式サイト. All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress